ATHLETE

契約チ−ム

  • FC町田ゼルビア

    1977年FC町田ジュニア設立から、ジュニアユース、ユースを設立し、1989年に「FC町田トップ」の名称でトップチーム創設。2011年12月よりJリーグへ加盟し、2014年よりJ3リーグに参入。愛称の「ゼルビア」は町田市の樹・ケヤキ「zelkova」と、花・サルビア「salvia」を合わせた造語。

    所属 J2リーグ
    ホームタウン 東京都町田市
    ホームスタジアム 町田市立陸上競技場
    練習場 小野路グラウンド
    下部組織 ユース(U-18)、ジュニアユース(U-15/14/13)、フットボールスクール
  • Y.S.C.C.

    1986年よりJリーグと同じ理念で活動し、それが評価され2014年よりJ3リーグへ参戦。ホームタウンは、横浜・本牧地区。総合型地域スポーツクラブとして総会員数は、約900名。Jリーグ所属クラブ唯一のNPO法人で他のクラブとは一線を画す。

    所属 J3リーグ
    ホームタウン 神奈川県横浜市
    ホームスタジアム ニッパツ三ツ沢球技場
    練習場 横浜カントリー・アンド・アスレティック・クラブ、海の公園なぎさグランド
    下部組織 ユース、ジュニアユース、U-12アカデミー、U-10アカデミー
  • エスポラーダ北海道

    北海道からFリーグ参加を目指し、株式会社フィートエンターテイメントが中心となり2008年1月に設立。「エスポラーダ」はポルトガル語で北極星を意味する「エストレッラポラーレ」と、戦士を意味する「ソルダード」の造語。2009年地域チャンピオンズリーグに優勝し2009-10シーズンからFリーグ参入。

    所属 日本フットサルリーグ
    ホームタウン 北海道札幌市
    ホームスタジアム 北海きたえーる、他
  • ちふれASエルフェン埼玉

    1985年、埼玉県狭山市で地域少女チームとして活動開始。埼玉県リーグ、関東リーグ、全日本選手権出場を経て、2002年から日本女子サッカーリーグに加盟。
    2004年「NPO法人エルフェンスポーツクラブ」を設立。地域総合型スポーツクラブとして健康スポーツに関わる活動や、地域貢献活動を積極的に行っています。

    所属 なでしこリーグ1部
    ホームタウン 埼玉県狭山市・飯能市
    ホームスタジアム NACK5スタジアム大宮/川越運動公園陸上競技場/熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
    練習場 ちふれ飯能グラウンド
    下部組織 ちふれASエルフェン埼玉マリ
  • セパタクロー日本代表

    セパタクローの、セパは「蹴る(マレー語)」、タクローは「(藤で編んだ)ボール(タイ語)」と2つの言葉の合成語で出来ている。ネットをはさみ足や腿、頭を使いボールを相手コートに蹴り入れる競技。日本代表は、2010年アジア競技大会(広州)では、男子団体、ダブル、女子ダブルと計3個、銅メダルを獲得した。

    統括団体 一般社団法人 日本セパタクロー協会
    加盟 世界セパタクロー連盟、アジアセパタクロー連盟
  • CAFURINGA東久留米

    東京都フットサルリーグに所属していた『ゴラッソサッカーショップジョゴ』の代表橋田桂二と、『渋谷ユナイテッド』の垣本右近がお互いの理想を追求し「社会人としてアマチュア日本一を目指す」と2005年に『CAFURINGA』を結成。
    2008年には東久留米市サッカー協会と手を組み、東久留米市をホームタウンとして活動が開始。地域密着型クラブとして地域貢献をしながら、東久留米市をサッカーやフットサルで盛りあげている。
    チームのコンセプトは社会人として働きながら、家族を大切にし、アマチュア日本一を目指す。

    所属 関東フットサルリーグ1部(CAFURINGA東久留米)
    関東女子フットサルリーグ(CAFURINGA BOYS東久留米)
    ホームタウン 東久留米市
  • SWERVES

    スキマスイッチ常田真太郎率いる、サッカーを愛するアーティスト・歌手・俳優・芸人によるサッカーチーム。「日本のサッカーを盛り上げる」「サッカーを通じて日本を元気にする」をコンセプトに、Jリーグ・Fリーグ・なでしこリーグの前座試合やエキシビジョンマッチに無償で参戦する活動を行っている。

    合言葉 「大観衆の前でフットボールを!」
    • Facebook
    • Twitter

契約アスリート

Jリーグ

  • 高木 和正<カマタマーレ讃岐>

    2003年に広島に入団。2006年からはFC岐阜へ移籍。左サイドハーフの主力として活躍し、岐阜のJリーグ昇格に貢献した。2014年、カマタマーレ讃岐に完全移籍。

  • 前田 悠佑<V・ファーレン長崎>

    2007年に当時、Kyuリーグに所属していたホンダロックSCに入団すると、新人ながらレギュラーとして定着し、リーグ戦18試合に出場した。以後、ホンダロックでは主力メンバーとして出場し、JFLの復帰やJFL過去最高順位の8位躍進にも貢献した。2012年より同じ九州の当時JFLのV・ファーレン長崎に完全移籍。

    • Twitter

  • 太田 康介<ツェーゲン金沢>

    2005年4月から1年間、牛久栄進高校でサッカー部のコーチをしていた。現在はJリーグ・ツエーゲン金沢所属のミッドフィールダー、ディフェンダー。第90回天皇杯3回戦アルビレックス新潟戦ではチーム唯一の得点を記録。

  • 萬代 宏樹<水戸ホーリーホック>

    二本松第一中学校時代には、3年時に中体連県大会優勝、同東北大会優勝の立役者となった。ベガルタ仙台→ジュビロ磐田→サガン鳥栖→ザスパ草津→サガン鳥栖を経て、2016年4年間プレーしたモンテディオ山形から水戸ホーリーホックへ完全移籍。

  • 大迫  希<藤枝MYFC>

    2009年にロアッソ熊本に加入。2011年、ガイナーレ鳥取戦でプロ通算3年目、初出場から25試合目でプロ初ゴールを記録し、通年では5得点を挙げた。2016年より藤枝MYFCへ完全移籍。

    • Facebook
    • Twitter

  • 菅  和範<栃木SC>

    高知大学時代はボランチとして2007年度の全日本大学サッカー選手権大会ベスト8進出に貢献。2007年FC岐阜のセレクションに合格し、2008年にFC岐阜に加入、2009年チームの新キャプテンに任命。2012年から栃木SCに完全移籍。同年日本プロサッカー選手会副会長に就任。

    • Facebook
    • Twitter


  • 柴崎  貴広<東京ヴェルディ>

    高校卒業後、2001年より東京ヴェルディに入団。その後3つのクラブを移籍し、2014年より東京ヴェルディに復帰。2016年より背番号1を付けて、GK陣最年長としてチームを支える。

    • Twitter
    • Instagram
  • 平本  一樹<東京ヴェルディ>

    東京ヴェルディの前身であり、下部組織である読売サッカークラブで育ち、1998年にトップチームに昇格。その後、横浜FC、東京ヴェルディ、FC町田ゼルビア、ヴァンフォーレ甲府と渡り歩き、2014年に再び東京ヴェルディに復帰。2006年にはJリーグ通算400試合出場を達成。

Fリーグ

  • 関口  優志<名古屋オーシャンズ>

    2010年3月の高校卒業後に大学進学と同時にFリーグのエスポラーダ北海道に加入し、同年8月7日の名古屋オーシャンズ戦でFリーグデビュー。エスポラーダ北海道では1年目から正GKとなり、2012-13年シーズンには全日本選手権 PUMA CUPで過去最高位の3位。2013-14年シーズンにはFリーグ新人賞を受賞した。2013年よりフットサル日本代表でも活躍。2016年には名古屋オーシャンズに移籍した。

    • Facebook
    • Twitter


  • 植松  晃都<湘南ベルマーレフットサルクラブ>

    5歳から、湘南ベルマーレフットサルクラブの下部組織「P.S.T.C.LONDRINA」一筋で育った生え抜き選手。史上最年少(15歳7ヶ月)でFリーグに登録されると、Fリーグ2015/2016シーズンのvs.名古屋オーシャンズにて、Fリーグ最年少得点記録を更新した。17歳でフットサル日本代表にも選出された、フットサル界の将来を担う選手。

    • Twitter


  • 岡山 和馬<フウガドールすみだ>

    兄の影響で幼稚園のころからサッカーを始める。進学した暁星中学校では、2007年に全国中学校サッカー大会でベスト8に。暁星高校サッカー部に在籍中の2010年には、全国高校サッカー選手権東京A大会ベスト4を果たす。2011年に早稲田大学に入学すると、同年夏にフットサルクラブ「フウガドールすみだ」(当時は「フウガバッファローズ」)に加入。2012年、トップチームにメンバー登録されてから、チームを担う主力選手として活躍中。

    • Twitter
    • Instagram